経営のプロを目指す国内MBA

大切なのは研究計画書

もし経営のプロフェッショナルを目指しているのでしたら国内MBAに注目をしましょう。
当サイト「経営のプロを目指す国内MBA」でそんな国内MBAに関する基本的な知識を学んでください。

 

筆記試験としてビジネススクールの入試においては、英語と論文があり、また面接が実施されます。近年におきましては社会人に対する配慮もあってか、論文のみの入試となっているビジネススクールも多くなっている傾向にありますが、英語と論文の両方も一般的には考えておくことで後になって慌ててしまうこともありません。また、「研究計画書」と呼ばれている「ビジネススクールで自分がどういったことを研究していきたいのか?」といったことを面接についてですが書面で提出することになります。そして面接で口頭試問がその計画書に基づいて実施されるケースが多くなっています。

 

簡単に論文対策についてご説明させていただきますが、単なる経営学的な問題と考えるよりは、論文というのは社会科学全般から出題されることになると考えておきましょう。具体的に課題文として情報化社会における課題などといったものを読み、きちんとそれを理解し自分の考えをまとめていくことが必要となります。「経営学」「マーケティング」「アカウンティング」「人材マネジメント」などの他にもMBAで学習することになる基本的とも言える項目について理解することも大切です。

 

このような基本的なテクニカルタームをまず最初はしっかりと押さえて、1週間で1テーマ程度受験までの期間に作成する割合で論文を書いていくことが効果的なトレーニングとなるでしょう。ちなみに、直前に一気に仕上げてしまう対応で過去問演習については問題無いかと思われます。また参考になるものとして大学入試での「論文」の問題も挙げられますので、是非調べておいてください。

 

日本語で殆どの入試が国内MBAの場合は行われますが、中には標準語が英語というビジネススクールも国内であってもあります。そのようなビジネススクールを英語力を身に付けようと考えているのでしたら選ぶのも良いでしょう。

 

まずは基礎知識を知ることが知っているようで知らない国内MBAは大切です。
国内MBAを何も知識の無いまま調べても意味がありませんので、まずは国内MBAをネット検索してみましょう。